日高へ春を探しに


2004年3月20日(土)はれ

 勇払−浜厚真−鵡川.のんびり海沿いドライブ.あ〜ししゃも食べたい.がんばれ鵡川高校球児.ししゃも打線で甲子園に旋風を!の横断幕をくぐり鵡川を通過.穂別に向かいます.

穂別博物館&地球体験館

 STOP1は,穂別博物館です.なかなか機会がなくてこれませんでした.ようやく念願かないました.お隣,地球体験館は,冬期間休業.ラッキーなことに本日開館日でした.両方,行ったりきたりして,じっくり見学してきました.

通行止め(富内−福山)

 STOP2は,通行止めゲート.2001年から通ってる富内−福山(610)線は,あいかわらずの通行止め.確か以前は落石のためとなっていたはず.それがなんと道路が流されてなくなってました!!!河原に下りて石を物色.川にはまって片足びっしょりにした初参加の隊員,約1名.

イギリス海岸

 がっかりしながら来た道を戻ると,富内橋のあたりでイギリス海岸の案内を見つける.来た時は,気が付かなかった.車を止めて,てくてくてく.あ,ねこやなぎの枝が落ちてる.どこにあるんだろうね.てくてく.何かの足跡があるよ.なんだろう.てくてく.

あっ,今度はフン.シカだね.てくてく. ふきのとう見つけた.踏んづけないようにね.
あ,ねこやなぎの木だ.ここにあったんだね. あれ,シカが食べた跡があるよ.皮をはいで食べたんだね.ここにもフンがあるよ.
次は河原で石を探そう.ここが富内イギリス海岸.ちょうど1年前は,本物のイギリスへ行ってたんだよね. あの時はガケの下に行きたかったんだけど下りられなかった.ここは河原の石ころがたくさん.

おっ,ハート形の石を発見.白い線のついた石を並べてみよう.1つの線になったぞ. 空にはトンビ.ぼちぼち行こか.

日高少年自然の家

 ガ〜ン!富内−幌毛志(131)通行止め.平取までもどるしかない...やっとのことで着いた日高.なんだか2月に来た時とはずいぶん様子が違います.2月23日に通過した低気圧の影響だそうで,木がバキバキ折れてます.あるいは,アーチになってます.

自然の家玄関前.白樺がオブジェのよう. みんな倒れちゃってるの.悲しい.
バキバキ折れてます. 白樺はアーチに.

 チェックイン後は,ミニテニス,バドミントン,テニポンで汗を流し,夕食,入浴.曇りのため,天体観測は中止.

片足びちょぬれ隊員のレポート

 2004年2月22-23日の暴風雪で,日高町内の民有林約6万5千本が倒木.昼過ぎから降り始めたみぞれが,暴風雪へと変わり,着氷の重みに耐えられなくなった樹木が次々と倒れたもよう.被害額は数億円に上る見込み.

二日目の早朝散歩(アニマルトラック)

なんか楽しい集まりがあったのかな? これは誰の足あとかしら?

あっちもこっちも 根こそぎ

ざわざわざわ,春までもうすこし 明るくなってきたよ.もどらなくちゃ.

 朝のつどいに参加するため,いったん自然の家へもどります.つどいでは,ゆか隊員がみんなの前でごあいさつ.自己紹介とこれまで見てきたものの説明など.部屋を片付け,朝食をすませてから出発.一応,無線と双眼鏡を持ちます.

サンゴの沢にて. おもしろい形のつららがいろいろ.
春の音が聞こえてくるよう. 氷琴.

 いろんな足跡.いろんなつらら.いろんな小鳥.いろんな石.嵐のさった跡.などなど,いっぱい見つけた.自然の家の職員の方に「また,気候のいい頃にどうぞ」と言われましたが,私たちはたっぷり楽しみました.それでは,ぼちぼち帰るとしましょうか.

いつもの寄り道

この時期,千鳥が滝は,こんな感じ. 反対側は,こんな感じです.

 今回のヒットは,ひすい!イギリス海岸で見つけました.おしまい.